takataka's lab

貧の脚でSRを目指す奮闘記

BRM1014和歌山600km 不運の連鎖からの撤退

BRM1009神戸300kmをまさかの失態でDNFしでかした仇討ちはBRM1014和歌山600kmで晴らす

 

スタートは老朽化してるらしく、解体される事が決まったわかやま館

f:id:freeridersun:20211011153237j:image

あぁ、和歌山ブルベの聖地が😢

0:00 BRM1014和歌山600km(N2BRMにつき、出走期間内随時)がスタート

40時間以内に帰ってくるよ(フラグ)

 

和歌山→五條

闇夜の中、勝手知ったるルートであるが
f:id:freeridersun:20211010104456j:image

夜になると見えかたが違うので細心の注意を払いつつ

 

五條のファミマに到着

約1時間30分の貯金確保

f:id:freeridersun:20211010113416j:image

この先に待ち構える高見山を考えたらまずまずの滑り出し

 

五條→高見山

去年、河内長野ブルベ(BRM904河内長野300km)で苦しめられた高見山

今回最初に迎える激坂であるが、去年より早く高見山を登った

f:id:freeridersun:20211011134824j:image

高見トンネルの先にある駐車場のモニュメントで通過のフォトチェック

f:id:freeridersun:20211010115140j:image

貯金1時間30分台

去年の悪夢が甦ると思いきや現状維持

むしろ減らなかっただけよしとしよう

 

高見山→勢和多気

高見山からは対向車に注意しながらしばしダウンヒル

今回ホイールは整備中にスポークが折れたRXLに変えてエキノクス(カーボンホイール)を投入

しかもブルベで、タイヤはチューブラーである


f:id:freeridersun:20211011135437j:image

カーボンホイールだから風を斬って博進…とは行かず、向かい風がその勢いを削ぎにかかることもあった

追い風に乗れば鬼に金棒なんだけど

途中の道の駅飯高で給水&トイレを済ませてひたすら走った

勢和多気のファミマに到着

貯金2時間確保

f:id:freeridersun:20211011140338j:image

ここでマトモな朝食(五條のファミマでも軽く食事はしたが)を取る

イートインスペースを借用し、ガーミンとスマートフォンの充電をしようとした時

「ガーミン誤ってアップデートやらかす」

な、なんたる失態

これではこの先チェックポイントまでの距離がわからなくなるやないか〜(;つД`)

 

(ここで、今回のブルベにおける歯車が、徐々に音を立てて崩れていく…)

 

勢和多気→鳥羽

この区間は去年のBRM904と近鉄線沿いは今年のBRM704茨木400kmとほぼ同じルート

違うのは走ってるのが昼頃であり、伊勢神宮近くは車が多く走りづらい位

 

伊勢神宮(外宮)に寄るつもりだったが先を急いだ
f:id:freeridersun:20211011141337j:image

ガーミン誤ってアップデートしたおかげで、いちいち区間距離出してメモしなきゃならず手間が増大

徐々に貯金以上にメンタルの崩壊が…

まぁ、脚は元気(現時点)だ

 

鳥羽のローソン屋敷に到着

貯金再び2時間確保

f:id:freeridersun:20211011142122j:image

勢和多気のファミマでがっつり補給したが、この先補給困難区間が待つ

アンパン(5個入り)をポケットに入れてスタートする

 

鳥羽→大紀

今回のブルベで高見山並みの破壊力があるR260の激坂登り返し地獄が多数待ち受ける

 

そんな事知るよしもなく
f:id:freeridersun:20211011142539j:image

呑気にしまかぜと並走し、志摩磯部からR260へショートカット

f:id:freeridersun:20211011142745j:image

だが、ここは区間約70kmの一部に過ぎず、細かい激坂の登り返し地獄が貴重な脚力を奪っていく

 

ようやく大紀錦のファミマに到着

f:id:freeridersun:20211011143431j:image

貯金1時間32分まで減少し、遂に貯金が食われ始めた

 

大紀→尾鷲(漁協)

R260の激坂登り返し地獄が終わったと思いきや、本丸がいた

つかの間だった長島人道トンネル
f:id:freeridersun:20211011144254j:image

このままR42走りたいのだが、そうはいかない

R311の連続激坂登り返し無間地獄のスタート

既に陽は落ち2日目の夜に突入して、予報では降らないはずの雨、そして激坂…

既に細かいメンタル崩壊が積み重なり、いつDNFしてもおかしくない状況下であるが、慎重に先を急ぐ

 

三重外湾漁協到着
f:id:freeridersun:20211011144239j:image

遂に貯金消滅 借金32分

この先もしばらく激坂地獄が待ち受けるので借金増大は避けたい

 

尾鷲→紀宝

遂に補給が尽きた(´д`|||)

恐れてたハンガーノックにも苦しむ(´д`|||)

後もう少しで平坦なR42に戻れる…と、何度も呟いた

どれだけ走らされ苦しめられた容赦ない激坂登り返しの連続からようやく解放された

f:id:freeridersun:20211011151818j:image


f:id:freeridersun:20211011151831j:image

交通量の少ない国道を、全盛期のファビアン・カンチェラーラを彷彿(?)するようなTTで尾鷲・熊野を通過し紀宝町へたどり着く

ローソン屋敷紀宝飯森到着

R311の激坂地獄でさらに借金増大

この先、長い目で取り返せば大丈夫…そう思ってたが、ガーミン充電で再び誤ってアップデートをやらかす

脚力以上にメンタルがヤバいなぁ(*_*)

 

紀宝→那智

ガーミンに今回のブルベルートをRWGから取り込んでいたが、誤って削除する失態をしでかす

幸い印刷したキューシートがあるが、確認用

RWGからガーミンに転送を試みるも転送不可能

ここで、深呼吸して善後策を考える

 

①RWGからガーミンに取り込む方法をググって挽回する

②DNFする

 

あっさり②を即決

 

初の600kmブルベは深夜3:40、JR紀勢本線那智駅で終幕した

那智から先、残り約120kmの宿題を残して

f:id:freeridersun:20211011150537j:image

主幹にメールを送信し、特急が止まる少し先の紀伊勝浦駅へ移動し、輪行の準備

近くのベンチで目を閉じてこれまでを道程を振り替える

初の600kmは無謀だったか

初の600kmは今後の糧となるか

来年リベンジを違うのは言うまでもないが

 

朝一番の電車で海南駅まで移動

f:id:freeridersun:20211011151559j:image

オダ近ブルベのエントリー代より輪行費が高い件

BRM904河内長野のDNF地が伊勢奥津駅(伊勢奥津→松阪 松阪から近鉄特急乗り継ぎで河内長野)でソコソコ輪行費かかったな

とんでもない所からDNFしたらそうなるわな
f:id:freeridersun:20211011150520j:image

普通乗り継ぐと昼過ぎになるので、始発の特急くろしおで海南駅までワープ

疲れもあり、紀伊田辺までは記憶がない(笑)

 

海南駅で再び組み立ててマリーナシティに停めている車の元へ行き、近くの温泉で汗を流して帰宅の途についた

道中眠くて岸和田SAで寝てたが無事帰宅

 

家に帰るまでがブルベ

 

完走しても事故ったら意味がない

今回は冷静に判断出来るうちにDNFしたけど、よくも紀伊半島の端から当日中に帰れたものだと(笑)